女性ホルモンサプリランキング@本当に効果があるのは?

女性ホルモンサプリのランキング!効果あり

女性の長生き

 

女性は男性に比べて長生きをすることが知られています。世界的に見た男女の平均寿命は、男性が65歳女性が69歳です。男性と女性で4年も自寿命が違うのは、遺伝子の構造の違いや、ホルモンによるものだという説があります。男性と女性では染色体が異なります。染色体には「X」と「Y」があるのですが、「X」は親の形質や情報を伝えるために子どもに受け継がれる染色体です。生物においての形質、つまりは病気の情報や老いることの情報が組み込まれているのです。

 

女性はこの病気や老化の情報を「X」を二つ持っていて、片方が正常であればたとえもう一つに異常があったとしても影響をそれほど受けません。しかし男性は一つ持っている「X」の染色体に異常があればとても影響を受けやすいです。遺伝子の構造や染色体から受ける影響が違うことが、寿命の長さに関係していると言えます。女性ホルモンは血圧を下げる作用があります。男性に比べると、高血圧による動脈硬化などを患うことが低く、男性の約半分の割合なのだそうです。逆に男性ホルモンには免疫力を下げてしまう作用があります。男性の体には男性ホルモン必要なのはもちろんなのですが、女性ホルモンとはこんなに働きかけ方が違ってくるのですね。

 

しかし、現代では女性の社会進出を背景にこれまでの男女の在り方に変化が起こっています。男性は外に出て働くことで外から受けるストレスや、付き合いでお酒を多く飲むといった生活習慣が寿命に会計をもたらしているという説もあります。女性が活躍する社会になりつつある今、女性も男性のように社会で受ける影響が大きくなることで、男性ホルモンが増える体質へと変化していくかもしれません。そうなると女性ホルモンの恩恵を受けずらくなるかもしれませんね。

 

女性ホルモンとお肌

 

 

女性ホルモンはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という二つのホルモンに分類されます。エストロゲンはお肌やカラダの調子を整えてくれるホルモンです。お肌の潤いを保ったり、女性らしい丸みを帯びた体型にしてくれます。プロゲステロンは子宮内膜を厚くしたり、子宮内の環境を整えて妊娠に備えるはたらきをします 。皮脂の分泌を増やしたり、体温を上げる作用もあウィます。ふたつのホルモンはある一定のサイクルで入れ替わって、それぞれが減ったり増えたりします。このバランスを保つことで正常な月経サイクルを作り出します。ホルモンバランスの変化でココロやカラダに影響が現れますが、お肌の調子はどのように影響を受けるのでしょうか。

 

月経開始〜月経終了頃、お肌は乾燥気味で、刺激に対してとても敏感です。卵胞期(低温期)、エストロゲンの分泌が増えます。髪がツヤツヤになったり、代謝が上がるのでダイエットが効果的な時期でもあります。潤いが保たれたり、肌を汚れから守ってくれるバリアの生成がされるのでニキビができにくい状態になっています。排卵期〜黄体期(高温期)、プロゲステロンの分泌が増えることによって体に水分が溜め込まれ、むくみやすい状態です。お肌やココロの調子が崩れがちになります。ニキビ、シミ、乾燥によるシワが出来やすくなります。この頃の肌のケアはいつも異常に気を配るようにしましょう。

 

女性はお母さんのお腹の中にいる赤ちゃんの頃からホルモンの働きで卵子が用意されていたり、10代前半から初潮を迎え、50代を過ぎる頃まで女性ホルモンが分泌され続けます。生涯の半分ほどを女性ホルモンとともに過ごしていると言えるでしょう。長く付き合っていく上で、バランスの取れたホルモン分泌が続くことが理想的ですね。基本的に女性ホルモンの分泌の目的は妊娠・出産するための準備です。女性ホルモンの分泌のピークである20〜30代は妊娠・出産の適齢期です。

 

妊娠の適齢期を過ぎ40〜50代になると、役目を終えた女性ホルモンは分泌が急激に減り出し、月経がこなくなり、閉経を迎えます。更年期で女性ホルモンが減ったり、閉経を迎えると、急激なホルモンの変化で体の不快感が起きたり、病気を発症しやすくします。また、男性ホルモンの分泌が勝ることで肌荒れやイライラするといった症状が起きます。女性ホルモンを補う方法としては、大豆製品に多く含まれる大豆イソフラボンを摂ることです。大豆イソフラボンは女性ホルモンとよく似た作用があるので、意識して摂ることでホルモンバランスを整え、お肌の調子がよくなる効果が期待できるでしょう。

 

エストロゲンとダイエット

 

女性の体に必要な女性ホルモンは、体の中で日々どんな変化をしているのでしょう?その変化するタイミングを見極めると、ダイエットの効果を最大限に活かせるということは皆さんご存知でしたか?女性の体内では着床が成立されないとき、妊娠のための準備で厚くなっていた子宮内膜がはがれ落ち体外へ出されます。これが生理(月経)です。生理は4〜7日続くのが正常範囲内と言われています。

 

生理が終了した頃から、エストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンの内ひとつが増え始めます。エストロゲンは肌の調子を良くしたり、新陳代謝をよくするのでダイエットに効果的な時期です。排卵期、妊娠するために卵子(らんし)が卵巣で育ち子宮に移動します。排卵後の頃から、プロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルもの内のもうひとつのホルモンが増え始めます。再び妊娠するための準備を始め、子宮内膜が厚くなります。そして妊娠が成立しないと整理が開始します。

 

周期の内、一番ダイエットが効果的なのは生理終了1週間頃の、「エストロゲンの分泌が増えている時期」です。エストロゲンの作用で新陳代謝が上がっていますし、ココロもカラダも一番調子が整っている頃なので運動へも積極的になります。いくら痩せやすい時期だからといって、過度なダイエットは行わないようにしましょう。食事制限をすれば、激しい運動をすればより痩せられるんでしょ、と思われるかもしれませんがそうではありません。過度なダイエットや痩せすぎによって、逆に女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。

 

せっかくエストロゲンの恩恵を受けられても、ホルモンバランスが崩れると体調が悪いことが続いたり、お肌のトラブルが起きやすかったり、もしかしたら太りやすくなってしまうかもしれません。痩せすぎなどは生理不順や生理が止まってしまう恐れがあります。痩せやすい時期は毎月の順調な生理周期に一度は訪れます。そこをチャンスだと思い、少しずつ長期的に痩せていくことを楽しむのが良いですね。

 

ここで、エストロゲンの分泌が減っている他の時期に行うダイエットの効果が気になってきますね。実は、プロゲステロンの分泌が多くなる黄体期はダイエットをしてもあまり効果が期待できません・・・寧ろ、悲しいことに無意味といっても良いくらいです(泣)黄体期は体のだるさを覚えるようになるので、無理な運動は控えるのが無難です。水分を溜め込むので浮腫みやすくなります。体を冷やさないようにしたり、マッサージやストレッチで体をほぐしたりするのが良いですね。

 

生理が終了して体調が落ち着いてきたら、ストレッチにエクササイズなどをプラスで行って、ダイエット期間開始です!筋肉を伸ばすことを意識したストレッチから、筋肉トレーニング、少しきついと感じる・汗をかき始めるくらいの運動がちょうど良いです。黄体期は炭水化物を控えたほうがいいですが、エクササイズの前にはエネルギーが切れてしまわないように炭水化物を多めに摂りましょう。運動の後は筋肉の成長の源になるタンパク質も摂るようにしましょう。

 

筋肉が付くと代謝が上がってより痩せやすなりますし、冷えの改善にも繋がります。女性ホルモン サプリの変化をうまく利用してダイエットに活かすと、結果美容と健康にはもちろん、ホルモンバランスを整えることにもなります。効果が実感できるダイエットは楽しいに違いがありません。是非ともうまく」活用してください。

 

ヒアルロン酸とセラミドの関係

 

ヒアルロン酸は保湿成分の代表でもあるので美容効果を求めるのに重要視している方も多いのではないのでしょうか。ヒアルロン酸はアミノ酸の一種でありムコ多糖類に分類されます。炭素、水素、窒素、酸素から作りだされ人間の体内でもともと存在する保水力が最も優れている保水成分になります。

 

ヒアルロン酸は1グラムで水を6リットルも蓄える特徴があります。身体の80%が水分でできている人間には欠かせない必要な成分です。ヒアルロン酸は身体の中で毛細血管から全身の細胞へ栄養や酸素を運んだり肌に弾力を与えたりと様々な働きがあります。美肌を保つには定期的に補給しなければならないですがヒアルロン酸は代謝が非常に早いのが難しいところです。

 

ヒアルロン酸はパワフルな保水力がありますが水分の蒸発は防ぐことが出来ません。溜めた水分も肌に隙間があることで水分は逃げてしまい細菌や紫外線などの外的刺激が隙間から侵入してしまいます。それを防ぐために必要な成分がセラミドになります。セラミドは肌のバリア効果を高める働きがあるので外的刺激からも肌を守ります

 

そのためヒアルロン酸配合の化粧品を使う時はセラミドが含まれているか、含まれていないかで美肌効果も大きく変わってきます。ヒアルロン酸とセラミド、2つの成分の関係性は両方が揃うことで保湿効果も十分に発揮できるのでヒアルロン酸で水分をたっぷり蓄えてセラミドでしっかり守ることをおすすめします。

 

セラミド化粧品ランキング!肌の乾燥・保湿にセラミドがおすすめ!

更新履歴

メニュー