育毛するなら禁煙は必要

育毛するなら禁煙は必要

育毛をしたいとお考えの方で、現在タバコを吸われている方には、禁煙を強くおすすめします。これはなかなか簡単ではないことだと思いますが、喫煙は育毛の大敵です。毛が抜ける最大の要因の1つは、頭皮の血流が悪くなり、髪に十分な栄養が行き届かないことです。油っぽい食べ物を好んだり、お酒をたくさん飲む人は、血液がドロドロになっている可能性が高いです。ドロドロの血液では、体中に張り巡らされた細い毛細血管まで十分に血液が届きません。

 

毛の生産工場である毛根に栄養を送るのは、まさにこの毛細血管です。喫煙には血管を収縮させる作用があります。喫煙により体内に吸収されたニコチンによって、強烈な血管収縮が起こり体内は血圧上昇、心拍数の増加と共に酸欠状態になります。体内に取入れられたニコチンはおおよそ3?4時間で半減しますので、喫煙者は常に酸欠で、血管が詰まっている状態ということになります。

 

アメリカのハーバード大学公衆衛生学部の調査結果によると、喫煙はDHTを増加させることも明らかになっています。DHTは体内で生成される脱毛効果のある男性ホルモンで、他の男性ホルモンと比べ、毛根を萎縮させる力が10?100倍もあると言われれています。調査は1200人以上の米国人中年男性を対象に行われました。非喫煙者と喫煙者のホルモン量を 比較した結果、非喫煙者に比べ喫煙者の方が13%も高いDHTを検出しました。喫煙は育毛にとってまさに百害あって一利無しと言えるでしょう。

メニュー
最新記事